なんて素敵な!日本の着物!

日本の着物のきめ、染め、織りの美しさ、風情は格別です。

着物を着たり、触れていると、本当に豊かな気持ちになります。

その美の源泉は “日本の自然の繊細な美しさ” にあると思います。

日本人は “自然を敬う心” を大切にしてきました。

そして その美を自分たちの生活に取り入れる事に喜びを感じてきました。

そういった先祖たちの姿勢から かつての日本人の文化度の高さを知り 驚嘆するばかりです。

こんな事を考えていると、“本当の豊かさ”とは何かというの命題に行きつきます。

生きにくい今の日本にあって “暮らす” 、それも自分や家族の為に “心豊かに暮らす” と
いう事を本気で考えてみたいと思います。

関連記事

  1. 風や光を感じる琉球紬の魅力

  2. やったぜ!クリーニング師免許試験合格したよ!

  3. 本当の歴史が知りたい!

  4. 「衣」のこと

  5. ありがとうございます!二周年を迎える事ができました!

  6. 退化してるのかしら?